日に焼けるまで

日に焼けるまで「5話」~今、イったでしょ?~

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜

日に焼けるまで4話 ~あらすじ~

「私達もしちゃおっか」

そういうマナミにヒロトは未知の感触を知ることになる・・・

「ここに入れればいいんだよな?」ヌルっ

ぱんぱんぱんっ!

「あっ!ヒロくん!いいよ!♡」

「あ、マナ姉!きもちぃぃ!」

二人ともはじめての快楽に止まらない慾望。

昔から川の字で寝ていた一室の部屋は、

4人にとって未知の体験を経験した部屋と変わっていった。

日に焼けるまで5話〜ネタバレ〜

4人ともセックスという初体験を終えて、Hの気持ちよさを覚えてしまった。

「じゃいってくるねぇ〜!」

 

親が買い物で出て行った後、4人の考えはもちろん一緒だった。

「スズ姉!もう我慢できないよ!」

タケルのビンビンに立ったち○こがスズネのお尻に当たる。

 

「ちょっとまってタケル!あっ♡」

 

スルッとパンツをめくりバックで挿入するタケル。

ぱんぱんぱんっ!ぱんぱんぱんっ!

 

「あっ!きもちぃぃ♡あっ!あっ!」

 

「スズ姉はバックが好きなんだろ?感じてんでしょ?」

 

「そんなこと…あっ♡」

「ねぇちゃんがあんな風に感じてるなんて・・」

 

ヒロトは姉の顔を見ながら興奮してしまっていた。

 

「ヒロくん、ち○こかたなっとるよぉ〜」

僕のち○こをしゃぶりながら言うマナ姉はすごくえっちだった。

 

「だって…あっ!今はっ!ダメっ!あっ・・」

じゅぼじゅぼじゅぼ!

「あっ!ダメだよ…マナ…姉っ」

 

ドピュッドピュッドピュッドピュッ!!!

僕の精子を尿道まで吸い付くすマナ姉。

「んん〜〜〜〜」

チュパっ。

4人とも満身創痍なほどに感じ果てていた。

 

そして、今後は外で遊ぶことに・・・

日に焼けるまで5話〜感想〜

猿のようにヤリまくりな4人ですねw

読んでて思ったのが、スズネが可愛いこと可愛いこと。

最初H好きじゃない子がセッ○スで急変する感じがたまらん!

Hが大好きになる感じがいい!尊い!

 

マナミのフェラもめちゃ気持ちいいんでしょうねw

一度お世話になりたいと思うほどです!(土下座)

 

このセッ○スを覚えたての頃が一番いいでしょうね。

なんかわかりますw

だってめっちゃセッ○ス気持ちいいですもん!

今後青姦展開キボンヌですね!w

日に焼けるまで6話〜予告〜

人気のない神社に来た4人。

クパァ

「じゃしちゃおっか♡」

従姉弟と姉弟のクロス青姦セッ○ス。

バックでお互いの姉を突きまくる弟たち。

「どっちがイかせられるか勝負しようぜ!」

タケルがヒロト言う。

「ああ!いいよ!」

 

パンっパンパンっパンパンっパンパンパン!

 

「「あっ♡うっ!くぅ〜♡」」

体をよじらせ感じる姉達。

姉達は、弟チ○コの名器マ○コに成り代わっていく・・・