日に焼けるまで

日に焼けるまで「8話」~私、前から好きだったん♡~

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜

日に焼けるまで7話 〜あらすじ〜

川辺に遊びに来た4人、最初は昔の様に水遊びをしていた。

水で透ける服からマ○コ薄く見えていた。

「どこ見てるん?男の子はエッチやな〜♡」

そう言いながらマ○コを広げるマナミに、ヒロトのチンコがヌプリと入る

「あっ♡来た♡」 「あっ!あっ!ん〜〜っ!!」

プシャ〜〜〜〜〜!!

「でる!」ピュドピュドピュっ!!

マナミのマ○コが精子を全てを吸い尽くした。

そして彼らは何度も何度もマ○コチ○コを突き合わせた。

日に焼けるまで8話 〜ネタバレ〜

日が暮れ始めて、夕日が差し掛かる刻。

 

「ヒロくん来てっ♡」

そう言うマナミにヒロトはヌルッと自分のチ○コを挿入した。

 

「あっ!気持ちいい♡」

「今度は私が動くね♡」

ニュプニュプニュプチュパチュパ

騎乗位で自分で動くマナミ・・・

「好きな時に出していいからね♡」

マナミは自分で激しく感じながら上下に動く。

 

すると突然、

「私ね、ヒロくんのこと前から好きやったんよ。。」

「!?!?」

そう言いながら行為は止まらない・・・・

 

動揺するヒロト!

「スズネちゃんのことが好きなんやろ?」

「そんなんこと・・・」

 

「チンコ大きくなっとるで♡」

「うっ!!!」ドピュっっ

そう言われ、ヒロトはマナミに中出しをした。

 

帰省後、姉と弟の関係は変わらないものと思われた・・

 

「ほら!これが欲しかったんだろ!!!」

 

「あっ!いい!くっ!あっ!気持ちいいっ♡!!!」

 

姉弟の関係は、一線を超えた関係に変わっていた。

 

「姉ちゃんとズボズボマ○コを犯したいと思ってたんだ!!」

 

「あっ!あぁっ!いくっ!いくっううううう♡」

 

姉弟の中は、お互いの性欲を満たす玩具となっていた・・・

日に焼けるまで8話 〜感想〜

 

マナミの展開が熱いっ!!!

 

そりゃ、そうじゃなきゃ抱かれたくないですよねwww

そうやって最初に誘ってきたって思うと辻褄が合いますね。

今回の作品が姉たちがいい味出してますね。

 

おっとり系で爆乳のマナミと、

Hに興味ないと思わせぶりのスズネ。

 

特にスズネがセッ○スにハマる感じがそそられるっ!

何回抜いたことかww

 

最後に一番抱きたかった姉を抱けたヒロトも満足でしょう。

 

1話から通して読んでみて、1話から即立ちぶっこぬき余裕でした。

 

あなたもオナネタに困っているなら読んでみてください。

99.99999%抜けます。

 

無料読みはこちらから。