日に焼けるまで

日に焼けるまで「7話」~男の子はエッチやな〜♡~

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜

日に焼けるまで6話 〜あらすじ〜

人気のない神社に来た4人。

クパァ

「じゃ、しちゃおっか♡」

パンっパンパンっパンパンっパンパンパン!

姉達は、弟チ○コの名器マ○コに成り代わっていく・・・

「「そんな激しくされたらすぐイっちゃうよ〜!」」

「「あっ!」」

プシャ〜〜!!ドピュドピュっ!!

昇天した4人は、体を癒すために川辺の方へ移動する・・

日に焼けるまで7話 〜ネタバレ〜

川辺に遊びに来た4人、最初は昔の様に水遊びをしていた。

「ちょっと休憩しよう」

そう言いながら、岩辺に寝そべる姉達の体はすごくエッチ

犯したいと思った。。。

 

水で透ける服からマ○コ薄く見えていた。

「どこ見てるん?男の子はエッチやな〜♡」

 

そう言いながらマ○コを広げるマナミに、ヒロトのチンコがヌプリと入る

 

「あっ♡来た♡」

「ヒロくんの大きい!!奥まで来てる〜〜♡♡」

 

隣ではまたタケルがスズネのマ○コを自分専用の様に犯しまくる。

 

「スズネ!!気持ちいいだろ?俺のチ○コ!!」

パンパンパン!!ヌチャヌチャヌチャ

 

2人の体が重なり合うたびに卑猥な音も僕らに聞こえるぐらいだった。

「あっあっあっ!いいっ!気持ちいいい」

姉が犯されるのを見ると興奮してしまう。

 

「ヒロくんさらに大きくなっとるよ〜!♡」

ヒロトはマナミのマ○コを強引に激しく突いた。

 

「あっ!あっ!あっ!ん〜〜っ!!」

 

「でる!」

プシャ〜〜〜〜〜!!

ドピュドピュドピュドピュドピュドピュっ!!

 

マナミのマ○コが精子を全てを吸い尽くした。

そして彼らは何度も何度もマ○コチ○コを突っ込んでいた。

4人の性欲は尽きることを知らない・・・

日に焼けるまで7話 〜感想〜

最高かよ!!!

外での2回戦目は川辺っていうのがもうたまらんっ!

 

女の子が2人目の前でマ○コ広げてたら入れるでしょ!!

はい、入れます。w

 

眼前に広がるマ○コ育ちの良い体

こんなんチンコギンギンの即立ちですよねwww

立たない方がおかしいって笑

 

もうここまで来てセッ○スの気持ちよさに全員やられてますね。

 

ここから最終話どう発展してどんな結末を迎えるのか気になりまくり!!

日に焼けるまで8話 〜予告〜

日が暮れ始めて、夕日が差し掛かる刻。

 

「ヒロくん来てっ♡」

そう言うマナミにヒロトはヌルッと自分のチ○コを挿入した。

 

「あっ!気持ちいい♡」

「今度は私が動くね♡」

ニュプニュプニュプチュパチュパ

騎乗位で自分で動くマナミ・・・

 

「私ね、ヒロくんのこと前から好きやったんよ。。」

「!?!?」

動揺するヒロト!!

 

そう言いながらもセッ○スは止まらない!

どうなる最終巻!

続きはこちらから。